【掲載方法】

スポンサーリンク

根管治療の解説

ホーム>根管治療

根管治療

根管治療

根管治療画像根管治療2

レーザー照射による効果

  • 根管(歯の中にある、神経が通っている細い管)内の感染歯質の蒸散。
  • 根管内の殺菌、消毒、乾燥。
  • 状態の良くない歯肉を蒸散させる。
  • 歯髄に残った、タンパク質の凝固、無菌化。
  • 根管治療時の不快症状除去、根充の不快症状の軽減。

根管治療について

虫歯や歯周病が進行して、歯の神経(歯髄)にまで感染が及んでしまうと、
歯髄は炎症(歯髄炎)を起こしてしまいます。
そうなると、その神経は除去しなければなりません。
放置して、さらに感染が進んでしまうと、その歯の根の先端の骨にまで、
炎症が及んでしまうからです。

従来、歯の根の治療は、たいへん時間や日数がかかるものでした。

細い根管内にある、腐った神経や細菌を取り除き、細いファイル(針のようなもの)で清掃し
、薬品で消毒し、充填剤で封をします。
ただ、神経の管は曲がっていたり、先の方で枝分かれしたりしていることが多く、非常に細かい手作業になり、少しづつ丁寧に、治療を進める必要があるためです。
しかし、根管治療にレーザーを用いることで、より早く確実に、不快感を軽減して、歯の根の治療を行うことができます。

痛くなくても治療が必要!?

歯科医院で治療を受け、痛みはおさまったのに、その後も、しばらく歯科医院に通うようにいわれたことはありませんか?

それは、歯の根の治療をするためです。

歯の神経をとると、痛みはおさまりますが、それで、歯の根の治療が完了したわけではありません。

きちんと根管内を清掃、消毒し、封をする必要があります。

しかし、根管治療には、たいへんな手間と時間がかかります。
少しづつ、丁寧に行う必要があるからです。

根がきれいに治っていなければ、いくら上に良いかぶせ物をしても、
根元から再発する可能性があります。

根の治療は、とても大切なものなのです。

レーザーを用いた治療の場合、従来の治療に比べて、治療期間や回数を、
大幅に減少することが可能です。
上記記事は、
銀座池渕歯科
東京都中央区銀座5-8-16銀座ナカヤビル3F
TEL:03-5537-0335
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://ginza-dental.jp/


スポンサード リンク

ホーム>根管治療

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional