【掲載方法】

スポンサーリンク

治療後、冷たいものや熱いものがしみるようになったのはなぜ?の解説

ホーム>治療後、冷たいものや熱いものがしみるようになったのはなぜ?

治療後、冷たいものや熱いものがしみるようになったのはなぜ?

良くある質問虫歯治療の疑問

治療後、冷たいものや熱いものがしみるようになったのはなぜ?

画像の説明

回答
この症状は、神経のある歯の虫歯治療を行った後によく見られます。治療前には症状がない歯でも、神経の近くまで深い虫歯になっていたり、進行した歯周病にかかっていたりすると、気づかないうちに歯の神経にかなりの負担が加わっています。その上、治療による刺激が加わると、冷たいものや熱いものがしみるという症状が急に現れたりします。
また、若年者では、歯の表面から神経までの距離が大人の歯に比べて短い(歯の厚みが薄い)ので、浅い虫歯の治療後でさえしみたりする事があります。一般に、冷たいものにしみる時の方が、熱いものにしみる時より炎症の程度は軽く、通常は徐々に治まっていきます。しかし、しみる程度が強くなかなか引かない場合は、逆に症状が強くなり炎症を起こすこともあります。そのような場合は神経の治療が必要になりますので、医師に相談してください。



認証コード(2597)

良くある質問虫歯治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>治療後、冷たいものや熱いものがしみるようになったのはなぜ?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional