【掲載方法】

スポンサーリンク

治療後、歯に食べ物がはさまるので気になります。の解説

ホーム>治療後、歯に食べ物がはさまるので気になります。

治療後、歯に食べ物がはさまるので気になります。

良くある質問虫歯治療の疑問

治療後、歯に食べ物がはさまるので気になります。

画像の説明

回答
虫歯になってしまった場合は、その部分を削って取り除き、詰め物や被せものをしますが、歯と歯の間が虫歯になりそこを削った場合、その部分の歯と歯の間に一時的に隙間ができます。しっかりとくっついていた歯が、その隙間ができることにより動いて緩むことがあります。通常は、短期間では影響するほどまでは動きませんが、歯周病のある方は動きやすくなります。また、入れたた詰め物や被せものが隣の歯との接触が弱かったり、わずかでも隙間が開いたりすると、そこに食べ物が挟まりやすくなります。
常に、食べものが詰まりやすい状態でいると、再び虫歯になったり、その部分だけ重症の歯周病になったりしますので、すぐ医師にその旨を伝えて下さい。
また、歯を失った場所に、両隣の歯から被せもので橋を架けるようにつないで噛めるようにするブリッジを装着した場合、歯の無い部分の歯ぐきと被せものの隙間に食べ物が詰まりやすくなることがあります。清掃がし易いようにわざと隙間を作ることがありますので、医師や歯科衛生士にお手入れの方法をご相談ください。



認証コード(1995)

良くある質問虫歯治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>治療後、歯に食べ物がはさまるので気になります。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional