【掲載方法】

スポンサーリンク

痛くなくても虫歯は治療しなければいけないの?の解説

ホーム>痛くなくても虫歯は治療しなければいけないの?

痛くなくても虫歯は治療しなければいけないの?

良くある質問虫歯治療の疑問

痛くなくても虫歯は治療しなければいけないの?

画像の説明

回答
小さな穴の虫歯でも、虫歯が自然に治ることはありません。早い遅いはありますが、放置していれば虫歯は進行していきます。神経のある歯で硬いエナメル質までの虫歯は、あまり痛みを感じることがなく、痛みを感じ始めるころには虫歯は象牙質まで達しています。象牙質は柔らかく、エナメル質よりも進行は早くなります。象牙質の下には神経が通っており、その神経に虫歯が近づくほど痛みは強くなります。初期の虫歯は痛みもなく、治療も早く治りますが、進行した虫歯は痛みも強く治療期間も長くなりますので早期に治療することをお勧めします。また、神経の無い歯は、虫歯になっても痛みを感じないため、気づくのが遅れることがあります。もし、神経の無い歯に痛みを感じたら、菌が歯の周りの骨や歯茎におよび、炎症を起こしてその部分が痛みを感じています。この状態になると、治りもかなり悪くなります。
さらに、虫歯で歯に穴があくとそこに食べカスがつまり、虫歯菌が他大量に増殖します。そのためお口の中は虫歯になりやい環境となるため、他の歯にも影響を及ぼします。

虫歯は早期発見、早期治療が大切です。



認証コード(9405)

良くある質問虫歯治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>痛くなくても虫歯は治療しなければいけないの?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional