【掲載方法】

スポンサーリンク

保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違いについて教えてください。の解説

ホーム>保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違いについて教えてください。

保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違いについて教えてください。

良くある質問虫歯治療の疑問

保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違いについて教えてください。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

回答
保険内の入れ歯の歯茎を覆う床の部分は、レジンという樹脂(プラスチック)で作られます。レジンは割れやすいため厚みが必要となります。このレジンの一部を金属のバーにする作りもありますが、安定が悪くなります。また固定するために残存歯に掛けるものは、針金や金属になります。

入れ歯は、本数や歯の部位によっては作りが複雑であり、基本的に、一部でも保険の規定外の作りや素材を使用した場合は、保険外の入れ歯となります。
良くあるものでは、粘膜を広く覆う部分を金属で作製したものです。
金属は薄くて丈夫であり、熱伝導もあるため違和感が少ないことが利点です。下の歯には安定感のあるコバルト、上の歯には軽いチタンを使用することが多く、粘膜に親和性のあるゴールドを使用することもあります。また、他の保険外の入れ歯で、磁石で安定を助けるものや残存歯に掛ける鉤の部分を、目立たないようにピンクの樹脂で作製したものや、歯全体に被せる冠で作製したものなどもあります。



認証コード(3003)

良くある質問虫歯治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違いについて教えてください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional