【掲載方法】

スポンサーリンク

煙草を吸うと、歯周病にかかり易いというのは本当ですか?の解説

ホーム>煙草を吸うと、歯周病にかかり易いというのは本当ですか?

煙草を吸うと、歯周病にかかり易いというのは本当ですか?

良くある質問虫歯治療の疑問

煙草を吸うと、歯周病にかかり易いというのは本当ですか?

画像の説明

回答
歯肉(歯ぐき)は、手足で言うところの皮膚と同様、体内への細菌の侵入を防ぐ役割を果たしています。喫煙すると、歯肉(歯ぐき)の毛細血管が収縮しますので血液の循環が悪くなり、その分細菌に対する抵抗力が弱まります。この間に細菌は、普段より容易に歯と歯ぐきの間に入り込み、歯ぐきに炎症を起こしたり、歯を支えている骨を溶かしたりします。
このような理由から、喫煙は歯周病になると言われていますが、歯周病だけでなく、歯を抜いた後の傷や人工歯根インプラント)を植えた後の傷の治りも悪くします。



認証コード(3191)

良くある質問虫歯治療の疑問


スポンサード リンク

ホーム>煙草を吸うと、歯周病にかかり易いというのは本当ですか?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional